あたし。

自分の好きだった役。
みんなが楽しんでくれることを願って、やっていた役。
その役から、離れることになった。

なんとなく、感じてはいた。
「あ、もうあたしじゃないかも」
だから、今度のイベントは、後輩に幹事を任せることにしてた。

夜中きたメールを見て、寝れなくなった。
「あたしの名前・・・ない」
正直、ショック。
あたしじゃだめだったのかなって考えこんだ。
半期しかやってないし・・・・。悶々・・・。

でも、朝になって、色々考えたら、ちょっと楽になった。
「あたしには、役がなくたってできることはあるよね」
いつからこんなポジティブに考えられるようになったのでしょ^^;

ちょうどその日、代表の彼と話す機会があって。
笑いながら、あたしの名前がなくてへこんだってこと伝えた。
そしたら、
「なおこは、フットサルに関しても、宴会とかに関しても、
言わなくても自分からやれるから。役なんてつけなくてもええねん。
役つけなきゃ何もできないようなのじゃ困るのよ。」
そう言ってくれた。
それを聞いて、ふっと肩の力が抜けた気がした。
あたしのことちゃんと見てくれていたんだ。
もう、すごいうれしかったよ。ありがとう。

これから、
もっと自分の思うように、のびのびと、
でも、みんなと一緒に、いろんなことできる気がする。

あたしは、もっとあたしでいられる。
[PR]
by naoeko-meow | 2004-10-02 01:37 | ひとりごと
<< 先のこと。~ほんとひとりごと~ モンブラン >>