ゆめ。

あたしは、将来何になりたかったんだろう。
ふと振り返りたくなった。

幼稚園生のときは「てれびできくひと」
・・・つまりリポーター?(たぶん芸能ではない)になりたかったんだと思う。
トイレットペーパーの芯に、
ティッシュを丸めたのをくっつけてマイクを作ってたのを覚えてる。
それを使って、友達とか、先生とかにインタビューしてた。
自分から聞いて、みんなが答えてくれるのが、
いろんな話聞けるのが楽しかった。

漫画家とか、声優とか、ピアノの先生とか、ラジオのパーソナリティーとか、
布が好きで、服とか作りたいって思ったりもした。
中学生のときには、アナウンサーになりたいって、単純に思ってた。
一度は志したけど、どれも途中で無理かなぁって思ってやめちゃったんだよなぁ。
大学に入って、自分のやりたいこと見つけようって思った。
「この職業につきたい」じゃなくて、「こういう仕事をやってみたい」に変わってきた。

先生を志す友と話して、
すごく、自分のやりたいように動いているのを感じた。
「どうなるのか全然わからなくて不安だけど」
あたしからしてみたら、彼女から不安は感じなかった。
圧倒されるくらい、キラキラしてた。
逃げではなくて、選択肢の一つとして色んな道があって。
要はそれを、前向きに考えられるかどうか。
あたしが、励まされてしまった。

「遠回りしたっていいんだ。」

いや、もしかしたら、近道も遠回りもないんじゃないか。
やりたいことやるのが、自分の道なんじゃないか。
ゆめってそのときどきで変わってもいいんだ。

まだまだ、答えが出ないんだけど・・・。
ひとまず、明日の面接を頑張ろ。
[PR]
by naoeko-meow | 2005-06-07 01:29 | ひとりごと
<< すなおに ボールをたくさん蹴った日。 >>